研究誌『公共コミュニケーション研究』第5巻第1号の原稿募集のお知らせ


2020年6月に当学会の研究誌『公共コミュニケーション研究』(第5巻第1号)の発行を予定しています。研究誌への投稿をご希望の方は、以下のスケジュール・投稿要綱にしたがって、論文または研究ノートを学会事務局まで投稿してください(論文は査読あり、研究ノートは査読なし)。

 

  • 投稿申込書の提出期限:2020年1月5日(日)
  • 論文・研究ノートの提出期限:2020年2月29日(土)
  • 発行予定日:2020年6月
  • 応募先:pras@pras-net.org

原稿募集について詳しく見る


研究誌『公共コミュニケーション研究』第4巻第1号の発行


研究誌(学会誌)『公共コミュニケーション研究』第4巻第1号を発行しました。

 

今号には、研究論文4点と研究ノート3点が掲載されています。研究誌は下のリンクから全文ダウンロードできます。

 

これらの研究成果が、研究者や実務家に広く参照され、公共コミュニケーション研究の発展に寄与することを期待しています。

 

『公共コミュニケーション研究』第4巻第1号を見る


会員継続確認のお願い


現在、学会会員の皆さまに会員継続の確認をお願いしています。
会員の皆さまは、下記ページから2019年度の会員継続のご意思と、総会・シンポジウムへの出欠について、6月20日までにご回答ください。
よろしくお願いします。

 

会員継続確認・総会出欠回答ページ

http://urx.nu/TVYK

2019年度総会・シンポジウム開催のご案内


7月7日(日)、公共コミュニケーション学会の2019年度総会とシンポジウムを開催します。

総会では、昨年度の活動の報告、2019年度の活動計画などをご報告いたします。

あわせて、AIを中心としたICT分野の技術進化が、公共セクターのコミュニケショーンにどのようなインパクトを与えるのか。そして、公共セクターが組織として、職員個人としてどう受け止め、技術の進化と折り合いをつけながらどのように「補完」「相乗」効果を発揮していくのか。そんなことをイメージしながら「(仮)AIは公共コミュニケーションを進化させるか」をテーマに民間、自体体双方から議論します。

【日時】2019年7月7日(日)13時30分から(開場13時20分)

【会場】日比谷図書文化館4階小ホールスタジオプラス

【総会】
 13:20 受付開始
 13:30 挨拶 公共コミュニケーション学会代表理事 河井孝仁
 13:35 2018年度活動報告・2019年度活動計画等

【シンポジウム】
 <テーマ 「(仮)AIは公共コミュニケーションを進化させるか」>
 14:00 キーノートスピーチ 公共コミュニケーション学会 理事 野崎哲平
 14:10 パネルディスカッション 
  コーディネーター:理事 千代田区 印出井一美
  パネリスト
   ICT関係ライター 清水響子氏(官民データ活用、AI、ブロックチェーンなど記事多数)
   ヤフー 井上貢氏(シビックパワーアライアンス実行委員会)
   千葉市総務局情報経営部長・松島隆一氏(ちばレポの仕掛人)
   浦安市・チームURA-CIMAリーダー 小泉和久氏(自治体GISの伝道師)
  コメンテーター:PRAS会長理事 東海大学教授 河井孝仁
16:30 閉会
17:00 会場撤収
【情報交換会】
17:15 土風炉 コリドー街店


【参加費】
・総会・シンポジウム 会員1,500円 非会員2,000円
・情報交換会 4,500円(会員・非会員とも)

 

申込はPietixの下記ページからお願いします。

https://pras-ai20190707.peatix.com/

学会会員の方は、併せて下記ページから会員継続確認・総会出欠についてもご回答ください。

第5回事例交流・研究発表大会(2/16開催)             予稿集/プログラム発行しました


ご発表の皆様、ご参加の皆様、今回はちょっと参加見送りという方、下記をダウンロードしてご確認ください。

なお、当日は、こちらを各自ダウンロードしてお持ちください。

ダウンロード
第5回事例交流・研究発表大会 予稿集
PRAS_第5回大会_予稿集.pdf
PDFファイル 2.7 MB
ダウンロード
第5回事例交流・研究発表大会 プログラム
PRAS_第5回大会_プログラム.pdf
PDFファイル 181.1 KB

第5回事例交流・研究発表大会 発表申込募集


公共コミュニケーション学会第5回事例交流・研究発表大会を以下のとおり開催予定です。

・日 時 2018年2月16日(土)終日(日本経営協会DOCP研究会と共催予定です)
・場 所 日本文化興隆財団 会議室(東京メトロ副都心線 北参道駅 徒歩1分)

 

発表を希望される方は以下の申込ページから、12月20日(木)までに、お申込みください。 

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd1eEOfwvpSPMq5Hzs0jroBXW5e_ZYuFs0rd19pApZGVVyqxQ/viewform

 

申込承認後、【2019年1月15日(火)まで】に予稿をご作成のうえ、ご送付をお願いします。

予稿は下記のフォーマットにてご作成ください。また、申込承認のメールへ返信にてご送付をお願いします。

 

ダウンロード
事例交流・研究発表大会 予稿集フォーマット
2019年2月16日開催の事例交流・研究発表大会で発表する際の論文(予稿)の記載要領及びフォーマットです。
2018予稿集フォーマット.docx
Microsoft Word 29.6 KB



2018秋・研究交流集会(PRASアートフォーラム)開催

~地域の公共コミュニケーションを考える~

今回の研究交流集会では、各地域部会(静岡準備会を含む)からの発表と参加者とのクロストークをおこないました。詳細はこちらから。

日時 2018年12月1日(土) 13時15分受付開始
会場 日比谷図書文化館4階 小ホール(スタジオプラス)


2018年度総会・パネルディスカッション開催しました


7月8日、公共コミュニケーション学会の2018年度総会とパネルディスカッションを開催しました。
詳細はこちらから。
 
 【日時】2018年7月8日(日)13時30分から
 【会場】日比谷図書文化館4階小ホールスタジオプラス
 



第4回事例交流・研究発表大会


2018年2月17日(土)に第4回事例交流・研究発表大会を開催しました。

 

・テーマ 社会的包摂に向けたコミュニケーションのあり方
・日 時 2018年2月17日(土)11:00開会 16:40終了
・場 所 日比谷図書文化館 4階小ホール(スタジオプラス)

・参加費 (会員)1,000円 (非会員)1,500円 (情報交換会)4,500円
詳細はこちらのページから。

 

※ 予稿集を詳細ページに掲載しました。
  当日は配布しませんので、必要な方は各自、ダウンロード・印刷してご持参ください。(2/13追記)

 


第4回事例交流・研究発表大会 発表申込募集


公共コミュニケーション学会第4回事例交流・研究発表大会を以下のとおり開催予定です。

・日 時 2017年2月17日(土)10:30開場 16:40終了予定
・場 所 日比谷図書文化館
発表を希望される方は、下記ページをご確認のうえ、11月15日(水)までにお申し込みください。

第4回事例交流・研究発表大会 発表申込について


2017年秋・研究交流集会(プラスアートフォーラム)


人・人コミュニケーションを誘発する地域へ

 



第3回事例交流・研究発表大会


2017年2月5日(日)に第3回事例交流・研究発表大会を開催しました。
・日 時 2017年2月5日(日)10:30開場 16:40終了
・場 所 日比谷図書文化館
詳細はこちらのページから。

 


2016年秋・研究交流集会(プラスアートフォーラム)




理事の退任・就任について


2016年1月9日に開催された理事会において、大野伸理事が業務多忙により退任され、金井茂樹氏(自治体広報広聴研究所)が新たに理事として選任されました。金井理事は大野前理事の残り任期を務めるものとします。

なお、本会規約6.(3)により、「会員による役員選挙、役員の任期等については発足理事任期内に規約化を図る。」とされており、現在は理事会の決定により理事選任ができる状況であることを申し添えます。


学会設立について


行政・議会・大学・NPO・医療福祉・ソーシャルビジネスにおける広報やステークホルダーとのコミュニケーションに、実務や研究で関わる皆さまの交流と研鑽の場として、公共コミュニケーション学会を設立いたしました。

関心のある皆さんの積極的な参加及び活動を期待しています。

 

2014年6月1日

公共コミュニケーション学会

会長理事 河井孝仁

行政広報 議会広報 大学広報 NPO広報

設立大会はこちらのページで紹介しています。

行政広報 議会広報 大学広報 NPO広報

最新情報は公共コミュニケーション学会の公式Facebookページにて配信しています。

行政広報 議会広報 大学広報 NPO広報