第6回事例交流・研究発表大会開催のお知らせ


・日 時 2020年2月22日(土)13時30分から(13時10分受付開始) 情報交換会17時30分
・場 所 日比谷図書文化館(霞ヶ関駅・内幸町駅 徒歩3分)
・会 費 会員(入会申請中の方を含む)1,000円 非会員1,500円 情報交換会5,000円

 

参加申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます

 

※会場の地図はこちら

https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/hibiya/#access

※参加申込はこちらから(Peatixからお求めください)

https://www.facebook.com/pras.org/

※入会申請はこちらから

https://www.pras-net.org/%E5%85%A5%E4%BC%9A%E7%94%B3%E8%AB%8B/

 

13:10 受付

13:30 開会・挨拶

 

13:40 特別講演「関係人口ネクストステージに向けて」東海大学文化社会学部教授 河井孝仁

 

14:00 事例発表・研究発表(発表15分・質問10分)

14:05 取出新吾「平成30年7月豪雨におけるテレビ報道量メタデータ分析」※研究

14:35 國行彩斗、野口将輝「啓発看板による北方領土問題の日常化」※事例

15:05 本田正美「公共コミュニケーションの新たな様態を生起させるチャットボットの利用について」※研究

15:35 木津悠穂「『段階的関係人口』の 地域参加獲得のための プラットフォーム提案」※研究

16:05 谷浩明「中規模の行政組織における広報の現状と課題」※研究

16:35 まとめ・閉会挨拶 

 

17:30 情報交換会(会場は別途ご案内します)


第6回事例交流・研究発表大会 発表申込募集


公共コミュニケーション学会第6回事例交流・研究発表大会を以下のとおり開催予定です。

・日 時 2020年2月22日(土)13:00開始予定
・場 所 日比谷図書文化館

発表を希望される方は以下の発表申込ページから、2019年12月25日(水)→2020年1月13日(月)までに、お申込みください。

→申込は締め切りました。どうもありがとうございました。 

発表申込ページ

 

申込承認後、【2020年1月20日(月)まで】に下記「第6回事例交流・研究発表大会 予稿の執筆要領と作成例」のとおり、発表に関する論文(予稿)執筆をお願いしますのでご了承ください。

ダウンロード
第6回事例交流・研究発表大会 予稿の執筆要領と作成例
2019予稿フォーマット.doc
Microsoft Word 46.0 KB

研究誌『公共コミュニケーション研究』第5巻第1号の原稿募集のお知らせ


2020年6月に当学会の研究誌『公共コミュニケーション研究』(第5巻第1号)の発行を予定しています。研究誌への投稿をご希望の方は、以下のスケジュール・投稿要綱にしたがって、論文または研究ノートを学会事務局まで投稿してください(論文は査読あり、研究ノートは査読なし)。

 

  • 投稿申込書の提出期限:2020年1月5日(日) →締め切りました。 
  • 論文・研究ノートの提出期限:2020年2月29日(土)
  • 発行予定日:2020年6月
  • 応募先:pras@pras-net.org

原稿募集について詳しく見る


研究誌『公共コミュニケーション研究』第4巻第1号の発行


研究誌(学会誌)『公共コミュニケーション研究』第4巻第1号を発行しました。

 

今号には、研究論文4点と研究ノート3点が掲載されています。研究誌は下のリンクから全文ダウンロードできます。

 

これらの研究成果が、研究者や実務家に広く参照され、公共コミュニケーション研究の発展に寄与することを期待しています。

 

『公共コミュニケーション研究』第4巻第1号を見る


会員継続確認のお願い


現在、学会会員の皆さまに会員継続の確認をお願いしています。
会員の皆さまは、下記ページから2019年度の会員継続のご意思と、総会・シンポジウムへの出欠について、6月20日までにご回答ください。
よろしくお願いします。

 

会員継続確認・総会出欠回答ページ

http://urx.nu/TVYK

理事の退任・就任について


2016年1月9日に開催された理事会において、大野伸理事が業務多忙により退任され、金井茂樹氏(自治体広報広聴研究所)が新たに理事として選任されました。金井理事は大野前理事の残り任期を務めるものとします。

なお、本会規約6.(3)により、「会員による役員選挙、役員の任期等については発足理事任期内に規約化を図る。」とされており、現在は理事会の決定により理事選任ができる状況であることを申し添えます。


学会設立について


行政・議会・大学・NPO・医療福祉・ソーシャルビジネスにおける広報やステークホルダーとのコミュニケーションに、実務や研究で関わる皆さまの交流と研鑽の場として、公共コミュニケーション学会を設立いたしました。

関心のある皆さんの積極的な参加及び活動を期待しています。

 

2014年6月1日

公共コミュニケーション学会

会長理事 河井孝仁

設立大会はこちらのページで紹介しています。

最新情報は公共コミュニケーション学会の公式Facebookページにて配信しています。