2017年度公共コミュニケーション学会(PRAS) 総会・パネルディスカッション ~地方議会における公共コミュニケーション~開催のお知らせ


日時:2017年7月9日(日) 
会場:日比谷図書文化館 4階小ホール(スタジオプラス
参加費:会員1000円、非会員1500円

 

〇総会 14時00分~
 2016年度決算・事業報告、2017年度決算・事業計画等

 

〇パネルディスカッション 14時30分~16時40分
 <テーマ>「議会における公共コミュニケーション-議会広報を中心に-」
 <概 要>
キーノートスピーチ(14時30分~15時5分)「地方議会改革と議会広報」
    東京工業大学環境・社会理工学院 研究員 本田正美氏
パネルディスカッション(15時10分~16時40分)
モデレータ 会長理事 河井孝仁

  • 「さいたま市議会だより「ロクマル」の取り組み」(登壇者未定) 
  • 「議会広報におけるSTPは明らかになっているか?」(麗澤大学研究員・前流山市議 松野豊氏)
  • 議員のPR(パブリックリレーションズ)と議会のPR(江東区議会議員 鈴木綾子氏)
  • ウェブメディアからみる地方議会広報(政治山 (VOTEFOR)立石理郎氏)

※ プログラム終了後 情報交換会を開催します
時間:17時15分から
会場:胡同マンダリン(新橋)東京都中央区銀座8-3先
http://www.kiwa-group.co.jp/restaurant/349/
会費 5000円

 

参加ご希望の方は、以下のページからお申し込みください。
http://peatix.com/event/270546/view

 


研究誌『公共コミュニケーション研究』第2巻第1号の発行のお知らせ


今号には、研究論文4点と研究ノート4点をはじめ、今年2月に開催された第3回事例交流・研究発表大会の基調講演の要旨が掲載されています。

 

こちらのページからPDFファイルをダウンロードできます。


第3回事例交流・研究発表大会


2017年2月5日(日)に第3回事例交流・研究発表大会を開催しました。
・日 時 2017年2月5日(日)10:30開場 16:40終了
・場 所 日比谷図書文化館
詳細はこちらのページから。

 


研究誌「公共コミュニケーション研究」(第2巻第1号)への投稿募集のお知らせ


2017年6月に当学会の研究誌『公共コミュニケーション研究』(第2号)の発刊を予定しています。研究誌への投稿をご希望の方は、以下のスケジュール・投稿要綱にしたがって、論文または研究ノートを学会事務局まで投稿してください。 →受付終了しました。

 

詳細はこちらのページでご覧ください。

 


2016年秋・研究交流集会(プラスアートフォーラム)



『公共コミュニケーション研究』創刊号の発行


研究誌(学会誌)『公共コミュニケーション研究』の創刊号を発行しました。

創刊号には、記念論文1点、研究論文3点、研究ノート6点が掲載されています。

これらの研究成果が、研究者や実務家に広く参照され、公共コミュニケーション研究の発展に寄与することを期待しています。

「公共コミュニケーション研究」

ISSN2432-1737(オンライン)

ISSN2432-1729(冊子版)

 

詳細はこちらのページでご覧ください。


理事の退任・就任について


2016年1月9日に開催された理事会において、大野伸理事が業務多忙により退任され、金井茂樹氏(自治体広報広聴研究所)が新たに理事として選任されました。金井理事は大野前理事の残り任期を務めるものとします。

なお、本会規約6.(3)により、「会員による役員選挙、役員の任期等については発足理事任期内に規約化を図る。」とされており、現在は理事会の決定により理事選任ができる状況であることを申し添えます。


学会設立について


行政・議会・大学・NPO・医療福祉・ソーシャルビジネスにおける広報やステークホルダーとのコミュニケーションに、実務や研究で関わる皆さまの交流と研鑽の場として、公共コミュニケーション学会を設立いたしました。

関心のある皆さんの積極的な参加及び活動を期待しています。

 

2014年6月1日

公共コミュニケーション学会

会長理事 河井孝仁

行政広報 議会広報 大学広報 NPO広報

設立大会はこちらのページで紹介しています。

行政広報 議会広報 大学広報 NPO広報

最新情報は公共コミュニケーション学会の公式Facebookページにて配信しています。

行政広報 議会広報 大学広報 NPO広報